きずなつけ会津戊辰戦争秘話です。

戊辰戦争後、藩の崩壊によって全てを失った会津の地では、「念仏さま」という女性たちの集会が行われるようになる。
戦没者の慰霊・供養から始まった集会は、戦争孤児たちの救済へと発展し、やがて会津一族の結束を固めるための’きずなつけ’と呼ばれる秘密の儀式を生んだ。
小料理屋「一番星」を切り盛りする女将、小久璃子(こくりこ)は、息子の門土記(もどき)と二人暮し。
「先天性ホルモン過剰過色性」という、異常に性感が発達する奇病に悩まされる小久璃子の店には、今日も下心のある男たちが集まって――。
巨乳でもってボディコン着てるから、なにかとおっぱいがポロン!?ひょんな事から無実の罪で指名手配中の植物研究員・利根川を部屋にかくまうことになった小久璃子。
そして彼を付けねらう殺し屋母子。
その美貌から新種の植物をめぐる騒動に巻き込まれてしまった小久璃子は、自慢の酔拳で危機を乗り越えられるか!?今日も男達が集う小料理屋「一番星」。
ある日殺人現場のマンションから、息子が通う保育園の保母さんが出てくるのを目撃してしまった小久璃子は、つい首を突っ込んでまたまた事件に巻き込まれていく。
しかしそんな小久璃子もついに恋をして…。
『源氏物語』が書かれたのは十一世紀、今から約一千年前。
多くの人の批判に耐え、時代を越え国を越え、かくも長きにわたって愛読されてきた『源氏物語』の魅力と作者紫式部の人物像および王朝時代の時代相について多面的かつ知的好奇心を刺激しつつ分かりやすく解説。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60005388



Ads by Sitemix