ナイショのひみこさん(2)の解説です

新婚ホヤホヤな僕とひみこさんの日常は、今日もひみこさんのおかげで退屈知らず。
生粋の名古屋人であるひみこさん。
名古屋のお嫁さんですから当然(?)アレを持って嫁いで来ました。
なんとトラック3台分の嫁入り道具!! そんな膨大な嫁入り道具の中から今回ひみこさんが取り出したのはなんと「赤い糸」。
運命が引き合わせた2人の、やっぱりナイショの出会いとは…!?大人たちには退屈な日常も、ピカピカの一年生りんちゃんにとってはハッピーな大発見の連続。
ささやかな毎日の中にこそあるシンプルな幸せを教えてくれる、のんびり読みたいお気楽コミック!!いつでもナチュラルハイのりんちゃんは、ささやかな日常にたくさんの幸せを見つける天才。
誰にでもあるはずの「ピュア」な気持ちを思い出させてくれる、のんびり読みたいお気楽コミック!!僕が1歳で最初の手術を受けた日、父は再びラケットを手にした。
僕に「生きろ」と伝えるために――。
一生(かずお)は平成元年7月生まれ。
ファロー四徴症という心臓病であるために「死」を強く意識しながら生きていかなければならない運命にある。
この作品は一生とその父・大樹(だいき)が何を考え、どのように生きていくかを描く、絶望を希望に変える物語である!!全ては難病の息子・一生に、生きる希望を伝えるために…! 全日本テニス選手権第2回戦で、大樹は強豪・ロベルト有賀と対戦。
試合は世界最速のサーブを、まるで殴り合うかのように打ち合う壮絶なものとなる。
気力をしぼりつくして闘い抜き、病院へかけつけた大樹が見たのは、危機を脱した息子・一生(1歳)がベッドの上で、初めてひとりで立ち上がる姿だった。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60014459



Ads by Sitemix