キルトの国へいらっしゃい(6)幸せ紡ぎってなに?

隆哲の祖母・花絵のキルトコレクションの中に1枚のアルバムキルトがある。
150年前に作られた豪華なこのキルトを、花絵は養女の薫に「私が死んだら薫にあげる」と言った。
そしてそのまま倒れてしまった花絵。
すると薫は姿を消してしまい……!? 想いを紡ぐ、世界にひとつだけのキルト。
ハートフルなストーリー。
超のつくほどの『箱入り奥様』の美那乃はめったに外出しない。
…が、たまぁ〜に表に出るととんでもない事件に遭遇。
幽霊に出会い、ヤバい占い師に追いかけられ、女スパイになり、殺人鬼と対決する!! 光崎圭のユーモア・ミステリー連作。
超『箱入り奥様』の美那乃は本当は……!? 夫の実家に里帰りした帰り道、美那乃たちの乗った車のブレーキが急に利かなくなった。
お土産といっしょに連れてきてしまったのは、夫が学生時代に付き合っていた女性の霊だった!? 「箱入り奥様」シリーズのほか、ショッキング・サスペンス「見知らぬ殺人者」を収録。
病院であと半年の命と宣告された瞳。
自分のために泣くだけ泣いた彼女が決心したのは、残された時間の中でいちばん望んでいるものを手に入れること。
……それは憧れの部長に、愛を告白することだった。
激しく清い愛と生を描いた秀作「永遠に…」のほか「TAKE OFF」を収録。
「夜中にふと目が覚めることがある。
隣に寝ている夫が私を見ているのがわかる。
……だが、その目は私を愛する目ではなく、冷たい…他人を見るような目だ」 夫が寝言で名前を呼ぶ「彼女」に同窓会で再会した亜也子は……? ふと涙がこぼれてくる切ない恋物語を集めた作品集。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60015142



Ads by Sitemix